投稿

9月6日(日)茅野市民館マルチホールにて、茅野市民館をサポートしませんか2020「演劇の『種』育てましょ!花を咲かせ実を結ばせるクラブ活動」ドンドン芽を出す月イチ会議が開催されました。茅野市民館をサポートしませんか2020「演劇の『種』育てましょ!花を咲かせ実を結ばせるクラブ活動」では、演劇の「種」となる要素を探しながら、みんなで楽しんで「種」を育てていくクラブ活動を行っています。先月は“発足の巻”ということでトーク中心の活動でしたが、今回からは本格始動!前回はリモートでの出演となった講師の柏木陽さんも市民館に来られてクラブ活動スタートです!会場には小学校低学年のお子さんから大人の方まで様々な年代の方が集まりました。 参加された方の中には、柏木さんと初めて直接会うという方もいれば、以前の市民館の催事の中で会ったことがある方も。 なので最初はこんなやり取りを…
「市民館に初めて来た人~~~?」 「はーい!」

「ここまで来るのに30分くらいかかる人~~~?」 「はーーい!」

「10歳より年上の人~~~?」 「はーーーーーーーい!!!!」

会場が和やかな雰囲気になったところで、早速柏木さんからお題が出されます。 「隣の席の人と対戦型短歌を作ってください!」 対戦型短歌というのは… 短歌の5・7・5・7・7を隣の人と交互に詠んでいく遊びです。 例えば、Aさんが最初の5文字を詠み、Bさんがその続きの7文字を詠みます。 Aさんは更にその続きの5文字を詠み、Bさんがその続きを詠み…と二人で一つの短歌を完成させていきます。


皆さんの作った短歌を一部紹介したいと思います。
「ねむいなぁ 朝早起きで 朝ごはん つくるの嫌だ 毎日思う」
「満月の おいしそうだな ふっくらと 秋ナスいれて あっちいお焼き」
「うんどうかい まいにちれんしゅう あついけど みんなにみせたい かけっこ1位」
2人で短歌を作ってみると、自分の最初のイメージからかけ離れていったり、思いがけない内容になったりしますが、不思議と調和して面白い歌になっています。
さてさて続いては… 「皆さん4人くらいのグループを作ってください。今度は4人で都都逸を作ります!」 都都逸(どどいつ)というのは、7・7・7・5の文字数で表現される詩です。 先程の対戦型短歌のように4人で1つの詩を作ることに。
短歌の時はスルスルと単語が出てきたのに、都都逸になると急に言葉に詰まってしま…

茅野市民館をサポートしませんか2020 「演劇の『種』育てましょ! 花を咲かせ実を結ばせるクラブ活動」 発足!!

イメージ
8月7日(金)、今年度の「茅野市民館をサポートしませんか2020 演劇の『種』育てましょ!花を咲かせ実を結ばせるクラブ活動 ドンドン芽を出す月イチ会議~発足の巻!~」が行われました。

コロナ禍の影響で、なかなか皆さんが集まって実施できなかった「茅野市民館をサポートしませんか2020 演劇の『種』育てましょ!花を咲かせ実を結ばせるクラブ活動」ですが、今回は‶発足の巻!”ということで、これまで様々な形で茅野市民館・茅野市美術館に関わってくださっている多種多様な方々にご参加いただきました!

今回は、それぞれの自己紹介や近況報告などをしていただきながら、「演劇ってなんだろうね」ということや「今年はどうしようか」ということについて、茅野市民館の様々な事業に関わっていただいているNPO法人演劇百貨店代表/演劇家で、クラブ活動の講師でもある柏木陽さんも交えて自由に考える場になりました。



今回ご参加いただいた皆さんは、数年前から市民館の活動に参加して下さっている方、最近活動に参加して下さるようになった方など、市民館と出会ってからの期間や関り方は様々。ご参加いただいたみなさんには、茅野市民館との関りも含めて自己紹介をしていただきました!!

皆さんの活動や近況も含めてお話いただいた自己紹介の内容には、今後の演劇の『種』ができそうな話が沢山♪ここでは皆さんの発言の一部をご紹介します!

例えば…
・自分たちがマスクをすることで苦しいと感じているのと同じように、マスクをすることができなくて苦しい思いをしている人がいることを知ってほしい。
一つの事柄に対していろんな視点から見れば、こんなふうに見えるんだねということがわかれば、とっても楽しいのにな・・・と思いながら日々を過ごしている。


・今までのイメージだと「演劇」って構えて捉えられてしまうけど、今日の話を聞いていると、境界線がない感じ、作っている人も、見に来ている人に対しても境界線がない感じなんだなと感じた。

・演劇は「総合芸術」だと思っていたが、参加者の方の話を聞いて、表現をしようがしまいが、「生きてるだけで、総合芸術なんだ」と思った。

・今は小さな子供と野原で遊んでいる。
子供の自由さを、見ている大人の自由さって不自由だなって思う。いろんな鎧、裃をとることを子供から教えられている。

皆さんの多彩な活動や日常も絡めた自己紹介を受けて、辻野…